脱毛後の肌は紫外線に注意!

脱毛後に紫外線に注意してと言われても難しいですよね。それにどんな化粧品や日焼け止めを使ったら脱毛後の肌に負担がないのかわからない方も多いと思います。
そんな方のために脱毛後の肌ケアのためのUVケアについて、日焼け止めクリーム等を選ぶポイントをまとめてみました。
下地

チェックしたいのは、SPF、PAの数僅とテクスチャー

チェックポイント1:SPF値
SPF値とは紫外線防御指数(Sun Pritection Factor)とよばれるもの。主にUVB(シミやそばかすの原因となる紫外線B派)の防御の目安となる数値です。数字が大きいほど沢山防いでくれるもので、最高値はSPF50+となっています。
脱毛後の肌は紫外線は出来る限り当たらない方がよいので、この値は高いものを選ぶと良いでしょう。
チェックポイント1:PA値
PA値とは、Protection Grade of UV-Aの略のことです。主にUVAの防御目安となる数値なのです。この値はPAの後ろに+が多いほど、沢山のUVAを防いでくれます。現在の表記においては下記の4段階になっています。イメージは下記のようです。
<PA分類 4段階>
PA + 「 効果がある」
PA ++ 「 効果が少し多くある」
PA +++ 「 効果が多くにある」
PA ++++ 「 効果がとても多くある」
この値もSPF値と同じく、脱毛後の肌のためにはできるだけ高い方がよいです。
チェックポイント3:テクスチャー選び
日焼け止め効果のあるスキンケア製品が増えたり、春夏用の化粧下地やファンデーションのほとんどが紫外線防御効果を供えたりしています。日焼け止めもジェルやミルク、クリームタイプと種類は非常に豊富です。目的やテクスチャーで自分が好きなもの、そして自分の肌にあったものを選ぶようにすると良いでしょう。できる限り脱毛後は肌に負担が少ないように天然成分にこだわったものがよいですね。

日焼け止め

脱毛後は紫外線はとにかく敵。

肌にもともと悪影響を及ぼす紫外線ですから、できる限りのシャットアウトはした方が良いのです。ちょっとした犬の散歩程度の外出の際にも気を付けた方が良いですね。紫外線がとても気になる日には、もう半袖の服は着ないようにして日傘をさすくらいでもよいでしょう。トラブルが起こった後にケアするのは大変ですが、予防は意外とほんの少しの面倒を我慢すればよいだけの場合が多いのです。
長時間の外出やスポーツのシーンでは鉄の壁の守りを心掛けて、強い値の日焼け止め、さらに紫外線に強いファンデーションを利用すると肌にとってはかなり良いと思います。