全身を脱毛

全身脱毛後の肌ケア

全身脱毛の施術を行った後はどんなケアをすればよいか?という質問を頂きました。でも、全身脱毛後のケアはほとんどの場合、脱毛サロンや脱毛クリニックで行われているため施術の合った日は行わなくて良いです。
全身を脱毛
その後、施術日の翌日からどうすればいいか?という点においては、脱毛サロン側からはいつも通りでOKですというようなことを言われますが、本当は出来る限り保湿をした方が良いと思います。
全身脱毛の際には広範囲にわたって光を照射しているため、乾燥がしやすい状態になっている可能性が非常に高いです。これは、冬、夏関係ないです。(もちろん冬の方が乾燥のダメージは強いです)
全身脱毛の施術は、施術前日までにカミソリでの剃毛を義務とされていますので、剃毛による肌のキューティクル損失もあるはずですから、是非保湿をしっかりと行い、肌ケアを行っていただきたいと思います。

全身脱毛後にはどんな保湿剤が良い?

保湿のクリーム等がどんな種類がいいかといった点ですが、これは一概には言えません。自分の肌に合ったものが一番です。
ただ保湿力が非常に高いものを使うことをおすすめします。
基礎化粧品の保湿力は何で決まるかというと、下記成分が多ければ多いほど保湿力が高いと言われています。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • トレハロース

以上の3つがメインです。

保湿のためには上記の成分が必要となりますから、保湿化粧品を購入する際には上記3つがどれ位含まれているかをよく確認しましょう。この3つの成分が沢山含まれている化粧水やボディクリームであれば全身脱毛後の肌ケアも保湿が十分に行き届くと思います。

全身脱毛後の肌ケアは基礎化粧品のみでOK?

ケアは保湿をすることで十分だと思いますが、肌の露出はやはり控えめにして気を付けた方が良いです。紫外線にできるだけ当たらないようにしたり、ばい菌がつかないように、せめて電車の中だけでも夏に半袖ではなく長袖を着たりする努力をしましょう。ほんの少しの気遣いが紫外線防止や、細かい細菌による肌トラブルを防ぎます。電車の中は特に注意すべき場所で、人が触ったつり革などをさわってしまうと菌がついてしまう可能性があります。感染の例でいくと結膜炎が良くある例ですね。このように接触することで細菌が身体につくのは肌が弱い人は特に避けてほしいので全身脱毛後は長めのパンツをはき、長袖のカーディガンをはおるなどすると良いでしょう。